お祝いに胡蝶蘭が好まれる訳

Pocket

お祝いの花といえばやはり胡蝶蘭です。開店祝いや開業祝いなどの際に並んでいたりしますが、なぜ好まれるのかは考えたこともなかった人も多いはずです。その理由の一つとして匂いがないということがあげられます。匂いがないと万人受けしやすいですし、どのような場所でも置きやすくなります。また、大きなお花は店内や会社に飾ることで、ぱっと華やかになります。また、花粉も出ないので、掃除の手間が省けます。花もちが良く、1カ月程度は持つのでが長く観賞できるところが人気の理由です。

次に色も要因の一つです。胡蝶蘭でよく見られるのが白い花です。白はどんなシーンにも合いますから、おすすめです。一昔前まではお祝いで花輪を贈ることも多かったのですが、最近はあまり見なくなりました。やはり設置と撤去に時間がかかることと、業者に頼まなくてはならない等の理由からこのように胡蝶蘭を贈る習慣へと変化をしたとも考えられます。

胡蝶蘭の種類や本数にもよりますが、鉢が小さいものもあるのでどこでもすぐ飾りやすいというのも人気の理由です。一方で選挙の当選祝いや開業祝いなどで贈られる胡蝶蘭は大ぶりなものが多く、華やかさからお祝いに色を添えるということで好まれています。

推奨LINK>>>répertoire|胡蝶蘭寄贈

お祝いの花の相場

お祝い用の花を選ぶとき、やはり気になるのが価格です。胡蝶蘭ともなると、一般の人が買うには高すぎるという印象を持たれていませんか?実は結構安く手に入ることをご存じでしょうか。相場として小さい鉢なら3,000円からあります。ここではシーン別の値段を見ていきたいと思います。

まず開店祝いの場合は10,000から30,000円がよく贈られている価格帯です。お祝いで贈る胡蝶蘭は、ぱっと華やかな大ぶりの花がいいでしょう。少値は張りますが、やはり大きいほうが喜ばれます。次に新築祝いの場合は、5,000円から20,000円くらいの花を贈ると良いでしょう。鉢植えなので移動が可能な為、家の中でもどちらでも飾ることができ、育てるのに手間がかからないのが利点です。

最後は家族や友人への記念日に贈る場合ですが、3,000円から5,000円くらいのものを選ばれている方が多くなっています。となっています。ピンク色の胡蝶蘭には先に述べましたように「愛」という花言葉があるので、恋人に贈っても喜ばれるでしょう。胡蝶蘭は、年中栽培されているので、季節に関係なく子のみの色味の花を選ぶことが出来ます。ぜひ大切な人への贈り物に胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

Comments have been closed/disabled for this content.